ミニマリストの向こう側

安ファッションとミニマリスト

ユニクロはおしゃれの練習着

おしゃれって楽しいですよね。

 

おしゃれって言われたときって相当承認欲求が満たされますよね。

 

f:id:super_otosan:20181006155101j:image

この本読まさせていただきましたけど、すげー良かった。

 

気張らないでおしゃれって

一番かっこいいじゃないですか。

 

昨今のメンズおしゃれを説明したMBさんの功績もハンパじゃなく素晴らしいのですが、

MBさんのは少しビジュアル系なんですよね。

若い子たちはそういうのがいいですよ。

エネルギーの塊ですから。

 

しかし、僕のようなおじさんや、社会や家庭に揉まれて少し元気のない人にとっては、おじさんなりの味わいみたいなのを外見に表して魅力にするのが理想的だと思うんです。

 

そんな感じで本も書かれていて、とっても面白かったなあ。

 

 

しかし、おしゃれっつうのは練習が必要だと思うんですね。

 

本に書かれたようにして形から入るのもいいんですが、やはり着てみて「なるほど、着てみて、こういうことか」と理解して、「自分にはこれが似合うな」とか、「このジャンルがいいな」とか、「この色がいいな」とか「これが俺を表現してくれるな」とか感じて

どんどんアップデートされていくと思うんですね。

 

 

そうなると、やはり良いものを長く着るというとても良い考えもありますが、

まずはユニクロとかのファストファッションでファッションを練習してから

 

自分に似合うファッションを見つけて

王道のアウターやインナー、パンツ、小物なんかを買って行くのが一番良いのかなと思いました。

 

なにせ、ユニクロさんは洋服の引き取りもしていますから、練習にはもってこいだと思いますよ。

 

まだまだ俺はファッションが未熟だと自覚があるうちに中途半端に少し高い服とかを買うのは一番良くないんじゃないかな。

ちょっと高いと手放しにくくなるし。

 

ぼくはファッションについては機能性の要素が一番優先順位高いです。

 

機能性

値段

 

この3つで選ぶこともありますし、

色味なんかも考えますし、

 

自分を表しながら、こんなに色々と考えないといけないおしゃれはとても好きですね。

 

でもミニマリストだから買いまくったらいけないでしょ。

 

人って勝手に自分で縛り作って楽しむんだから、おかしいですね。